赤ちゃんの肌ケアと食べ物アレルギーの関係

最近、アレルギー体質と赤ちゃんのころの肌ケアの関係が注目されるようになっています。
食物アレルギーやアトピーなどのアレルギー体質は乳児のころから幼児にかけて発現することが多いです。年齢とともにおさまることもありますが、食べ物を選んだり辛い症状があったりと、親にも子にも負担のある症状です。できればアレルギーが発症しないようにしたいですよね。
アレルギーに関する研究が進み、最近言われているのは赤ちゃんのころの肌荒れがアレルギー体質と関係があるかもしれない、ということです。
その仕組みは、肌荒れがあるとその隙をついて食物やハウスダストなどに含まれるタンパク質が体内に入りこみ、体内で「侵入者」として免疫系に記憶されることでアレルギー発現につながっているのではないか、というものです。食べ物などに含まれるタンパク質は消化管を通じて体内に入った場合は侵入者として認識されにくいという体の仕組みがあります。しかし肌荒れがあると、消化管から入るよりも前に(離乳食として食べるよりも前に)肌から体内に侵入してしまうので、免疫系が誤作動しやすい、ということらしいです。
アレルギー仕組みにはまだ分かっていないことがあります。しかし、赤ちゃんのころにしっかりと肌ケアをしてあげることがアレルギーの抑制につながるなら、実践しない手はないですね。