子供の自立を促した出来事

子供の自立を促した出来事。今は高校生と中学生になる娘ですが自立を促して出来事は正しく家内のガンの闘病でした。

肺がんのステージ4で発覚した家内の投与は今も続いていますが幸いなことに日常生活は普通に送れています。

しかしながら薬の効き目次第ではいつどうなるかわかりません。子供たちには家内のガンとの闘病が始まる際に、自分たちの事はできるだけ自分でできるようにしなさいと言うことだけは一言伝えました。それが功を奏したのか子供たちは、今では身の回りの事はほとんど自分で進んでやることになっています。ありがたいことに洗濯や掃除、食事の準備まで家内が疲れていれば自分たちでするようになりました。仕事だけではなく子育ても環境が全てを変えるのだということがよくわかりました。

もちろん家内にはずっと元気でいてもらわないといけないのですが子供たちの成長は目を見張るものがあります。

子供たちも自分たちの成長と家内の健康を願っているのは間違いありません。