子育てで大事なことは挨拶ができること

人として一番大切なことは、礼儀正しいことです。
朝起きて「おはようございます。」
街の中で、知人や友人に会った時の出てくる言葉は「こんにちわ。」、「こんばんわ。」
夜寝る時は「お休みなさい。」

 
そんなごく普通の挨拶なのですが、最近の若い人は、そんな他愛ないもない挨拶ができない人が少なくありません。
これも幼い頃からの子育てで、キチンとしつけができていないことから来ることがあります。

 
子育てでは、色々なしつけが必要ですが、まず基本は挨拶からでしょう。
「おはようございます。こんにちわ。」
このような基本的な挨拶を教えていくことから、挨拶の大事さが分かってくることと思います。

 
幼い頃に挨拶することの尊さや価値は、当然、理解することはないでしょう。
しかし、意識がないからこそ挨拶をすることで、心の中に人との交わりができるための癖を付けることが大事なことだと思うのです。

 
当たり前のような挨拶でができるかできないかは、幼い時代の子育てがとても大事なのだと思うのです。